みーず計画

 

日本水環境学会関東支部では、平成23年度から、支部活動の一環として理系分野でのキャリアを目指す女性のための「みーず計画」に取り組んでいます 。

水環境学会においても、正会員のうち女性がしめる割合は約1割にすぎず、水環境に関する女性研究者や女性技術者はいまだに少ないといえます。女性が社会に出て働くことは当たり前になったものの、指導的地位に立つ女性の割合は国際的に見ても低水準です。特に女性が少ない理工系分野において、女性の割合が増え、いきいきと活動するために、環境学会ならではの重要な貢献をしたいと考えています。

 

「みーず計画」について

「みーず」という名称は、水(みず)とギリシャ神話の女神「ミューズMUSE」、そして少し強引ですが、自ら(主体性)をかけあわせた造語です。水環境の分野でまだまだ少ない女性が元気に活躍できるための活動を行う目的で始めました 。

平成27年度

女子中高生夏の学校2015

 今年も、87日に国立女性教育会館で開催された「女子中高生夏の学校2015」の「サイエンスアドベンチャーT〜ミニ科学者になろう」という実験・実習プログラムに参加しました。これは、16の学会や学校が実験・実習を企画し、女子中高生がその中から1つを選んで参加するプログラムです。

 当学会は「川を科学する」という題目で、会場近くの都幾川・学校橋河原で水環境健全性指標のフィールドワークを行いました。学会員2名と女子学生2名で、河川水の透視度測定や、パックテストを使ったCOD、溶存酸素量の測定等について、実習生に指導しました。実習生は中学生2名、高校生5名の計7名で、長崎県や香川県、神奈川県などからの参加でした。

当日は埼玉(熊谷市)で最高気温38℃となり、猛烈な暑さの中の実習となりました。あまりの暑さのためか、昨年は河畔林に見られた鳥が全く見られませんでした。しかし、川底の生きもの調査では、ヒラタカゲロウ、ヒゲナガカワトビケラ、プラナリア等がたくさん採取でき、実習生は大喜びでした。5つの指標に基づくレーダーチャートを2班に分けて作成したところ、いずれもほぼ満点になりました。実習場所の都幾川は、BODの年平均値が1未満で、河床が石礫であることから、市街地にありながらきわめて多くの生物が生息する素晴らしい川です。これからも、この素晴らしいフィールドを活用して、少しでも多くの実習生に、川への興味を持ってもらえればと思います。